矯正治療例

叢生(でこぼこ)

歯が重なって生えている不正咬合の状態です。
あごに歯がきれいに並ぶための十分なスペースがないため、多くのケースでは抜歯が必要になります。

叢生の治療例

6歳から経過観察、13歳から矯正治療を開始

6歳から経過観察、13歳から矯正治療を開始

こちらの患者様は6歳の初診時にも叢生が見られましたが、乳歯列期に治療をおこなっても将来的に重度の叢生となると予測した上で、半年ごとの経過観察といたしました。
13歳になり、永久歯が生え揃ったところで、治療を開始しました。

上顎前突(出っ歯)

奥歯を咬み合わせたときに上の歯が下の歯よりも前方に出てしまう状態を指す不正咬合です。
お子様の場合は、指しゃぶり・舌で歯を押すクセを直すことで改善されることがあります。

上顎前突の治療例

抜歯矯正ケース

抜歯矯正ケース

こちらの患者様は、下あごの成長には問題がなく舌癖によって上あごの前歯が傾いてしまったケースですので、通常の矯正(スタンダードエッジワイズ矯正)で治療しました。

前突の治療は上下のギャップをなくす必要があり、出っ歯の状態や、何が原因で出っ歯の状態になっているのかによって治療のアプローチが違って来ます。
上下のあごが極端に大きい・小さいというケースでは、手術が必要になることもあります。

上下顎前突(出っ歯)

奥歯を咬み合わせたときに上顎・下顎の両方の歯が前方へ突出してしまう状態を指す不正咬合です。
上下両方のあごを後方に下げる必要があり、通常は抜歯が必要になります。

上下顎前突の治療例

ミニインプラント併用の矯正治療例

ミニインプラント併用の矯正治療例

上下の前歯の突出だけではなくでこぼこ(叢生)も見られるため、抜歯が必要と診断しました。

抜歯をするのは、抜歯によって得られたスペースを有効利用するためです。単に出っ歯の状態を改善するだけならそれほど多くの抜歯は必要ではありませんが、咬み合わせも良くするために抜歯本数が増えてしまうことがあります。

矯正用のインプラントを併用することで動かしたい歯だけを効率よく動かすことができ、抜歯本数を少なくすることができる場合があります。

顎変形症(保険)

あごの大きさや形などの異常のために顔面の変形を起こし、咬み合わせに問題が生じている状態を言います。
一般的にはあご切りの外科手術を併用して治療しますが、軽度であれば矯正単独で治療できる場合もあります。

顎変形症の治療例

上下のあご切り手術を併用した治療例

上下のあご切り手術を併用した治療例

上あごに対し、下あごが大きく突出している骨格性の下顎前突(反対咬合・受け口)の患者様です。
下あごの右側への歪みが見られ、上あごも鼻の下が短いために上唇が上がっており、切離手術が必要と診断しました。

こちらの患者様は18歳で治療を開始し、術前矯正に1年半程度、手術後の咬み合わせ調整の矯正に1年程度の期間を要しました。治療後はお顔の歪みも取れ、きれいな咬み合わせになりました。

埼玉県本庄市 なかむら矯正歯科医院

夜八時まで診療

menu

ページトップ